「舟生」は本当に稼げる?稼げない!?詳細と最新口コミを検証!

”生”が1番 舟生「ふななま」の魅力

競艇予想サイト舟生(ふななま)!その魅力は何と言っても「生」にこだわった情報の数々!レース前の生情報は万舟獲得の可能性を広げてくれるという。スポーツ新聞にも載せられない極秘ルートやピット直前から入手される生情報はここでしか手に入らない貴重なものばかり。そのポテンシャルについて「生」解説していきましょう。

生情報入手に不可欠な常駐情報班の存在

この競艇予想サイトの「舟生」。実は人気競馬予想サイト「馬生」の姉妹サイトなんです。馬生で培った予想ノウハウと高い評判を継承しオープンしたと聞いたら更に期待が高まりますよね。それにしても、ボートレースにおいて新鮮な生の情報を提供するってことは、競馬以上に実は大変なんです。きっとボートを知っている人なら分かると思います。そう!ボートは競馬と違って、北は群馬の桐生から南は長崎大村まで全24場、ローテーションをしながらほぼ毎日開催されているんです。この全場に専属の情報家さんたちを配置するってのが舟生最大の強み!他サイトに比べ、力の入れ方が段違いなんです!ボートレース場は水面だけでも干潮と満潮で大きく変化しますし、風向きに至っては天候という不規則な条件によって刻々と変化します。選手も毎日のように試走とプロペラ調整を繰り返すわけですから、昨日悪かったから今日は来ないと言い切れないのがボートの魅力でもあり怖さでもあるでしょう。まして万舟をゲットしようと思ったら、前日から一変する選手を狙いたいですよね。また枠順はどうでしょう。ボートで予想する上で、最重要になるファクターが並びですよね。並びもまた然り、基本、前日のレース後にならないと決定しないわけですから、競馬みたいに1週間かけてじっくり予想するなんてことがそもそも出来ないんです。つまり、ボートとは直前の情報が命。そういうことになると思うんです。 そんな勝敗を分ける直前生情報を司るのが情報化の情報網。舟生は情報家さんたちの質がまぁ高い。ここで予想家のメンバーを紹介していきましょう!
競艇は1号艇が有利とはいえ、スタートラインを切ってみないと分からない。 情報提供直前までレーサーの状態を疑い、確信に変わるまで精査する予想家さん!地域に特化してるからこそできるプロの集団ですね!





生情報の的中実績!穴舟券の宝庫!

調査した2019年8月2日のナイター桐生。この日の桐生はG3サッポロビールカップの2日目が行われ、須藤博倫選手や山口剛選手といった人気レーサーも多数参戦してましたね。まさに地元勢VS重賞転戦組といった陣容で、比較が難しい条件となっていました。まして開催2日目というのは、初日の出来からモーターや水面の動きを手の内に入れ一変してくることが多いので難しいんですよね。結果的に、この日は1号艇からの逃げが8レース、外からの差し、まくりが4レースと掴みどころのない1日になりました。そんな中で、目を引いたのが第7レース。3連単2万舟が出た波乱のレースでした。勝った5番は好スタートから外を力強く伸びてまくり差しを決めました。実はこの5番井上恵一に生情報が・・・。井上選手は前日の初日では2走駆け。1つ目の3レースでは1号艇から2着と凡走し、当日も人気を下げていましたね。しかし前日の2走目である8レースでは4号艇から2着と挽回していたんです。というより、39.7%の好モーターですから内で立ち回りやすい出足型ではなく、外から差せる伸び型に適性が向いていたのがよく分かります。ですから外枠の今回、枠なりの5コースからぶっちぎることが出来たのでしょう。また、大外6号艇には注目の山口剛選手がいました。当然、力のある山口選手は初日も2走して、ともにインコースから1着。字面では盤石に思えましたが、今回はピット離れから2コースに進入してきました。やはりモーター自体には自信が持ててなかったのでしょう。これは数字だけでは分からないモーターの質や選手の戦術、駆け引きを理解しなければ獲れない万券です。前日のレースから推測される適性のアヤとレース間の試走時に、どのコースで練習をしていたかなど、生の情報が無ければ獲れない生粋の生万舟です。やはり舟生の予想家さんもこのレースにおいては生の情報から展開を読んでいたのでしょう。

的中を加速させる豊富なコンテンツが面白い!

【買い目】3連単6点+3連複4点
【推奨額】1点2000円
【金額】49800円(特別価格)
これぞ舟生のメインコンテンツ。あの万舟が獲れるならこの金額も納得ですね!

【買い目】3連単7点
【推奨額】1点1000円
【金額】49800円(特別価格)
有料初心者はまずコレ!実は3連単に絞ってますから、回収率はランダムセレクションに匹敵です


水面の特徴や並びの傾向など予想をする上で基本となる情報がビッシリ!これを見るだけでボートが詳しくなれます。無料は嬉しいですね!
コンテンツが充実しているのは嬉しいですよね。ただ、どのコンテンツも生情報に特化してますから情報が提供されるのはレース当日のお昼すぎに多くなっています。そこは新鮮な情報で嬉しい気持ち半分、もう半分はご愛嬌ってことですかね・・・ 最後に皆さんも分かったのではないでしょうか?ボートレースにおける生情報の重要性が!直前の情報だからこそ、人が知らない万舟が手に入るのです。ボートでは間違いなく事前の情報より、直前の情報の方が比重が大きいんです。きっとこれからは、ボートレース場に居ても、こちらのサイトから目が離せなくなりますよ。

サイト名 舟生
運営会社 株式会社エール
運営責任者 柴崎宏典
会社所在地 東京都渋谷区桜丘町23番17号 シティコート桜丘408
電話番号 03-6328-0552
メールアドレス info@funanama.com